更年期障害とは|辛い更年期障害、悩まずにプレマリンで軽減させましょう

辛い更年期障害、悩まずにプレマリンで軽減させましょう

袋から出ているブリスターと薬

更年期障害とは

更年期障害という病気は名前こそよく聞きますが、どのような症状があって何が原因で発症するのかというのを少しでも知っている、という人は男女ともに多くはありません。
特に男性の場合、女性が発症する病気だから自分は関係ない、と他人事のように思っている人は多くいます。
しかし、もしも自分の両親や愛する妻、身近な人が発症した場合は他人事ではなくなります、そういう時に困ってしまい、何気ない一言で喧嘩になってしまったり、険悪な雰囲気にならないように、少しだけでも知識を蓄えておきましょう。

更年期障害は体内に存在するエストロゲンという女性ホルモンが減少することによって自律神経失調症のような症状が出る病気の事です。
このエストロゲンが減少する理由としては、年齢を重ねることで徐々に体が衰え、閉経を迎えるにつれて分泌量が減少していくからなのですが、脳がそのことに気付かずにまだエストロゲンが出ると思い込んでいる場合、なぜかエストロゲンが減少しているという事態に対応しきれず、パニックに陥ってしまいます。
その結果、エストロゲンの分泌を命令する箇所で発生している混乱が自律神経にも影響を及ぼし、異常発汗やイライラ、体調の変化などの症状が現れるのです。

プレマリンという薬を服用することでこのエストロゲンを補うことで症状を緩和する事が出来るのです。
また、自分がいま更年期障害になっている、というのを受け入れることで症状が緩和することもあるので、もしかしたら……と思った際は身近な人や専門医に相談を行うようにしましょう。